インプラントは、歯を失ってしまったところに行う治療です。
骨にチタン製のネジを手術によって埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで、本物の歯のように噛むことができるメリットがあり、希望する患者さんも増えています。
ただ、インプラントは保険適用外の自由診療なので、治療費は全額自己負担になります。
保険適用であれば、3割の負担だけで治療を受けられますが、全額なので費用は高額です。

保険治療というのは、国によって点数が決められていて、同じ治療をすればどこの歯科医院でも同じ治療費になります。
けれども、保険適用外の自由診療というのは、国による制限がないために、歯科医院が独自に料金を決めることができます。
インプラント治療が、歯科医院によって治療費が異なるのが、保険外であるという理由です。

インプラント治療の費用は、1本あたり30~35万円という高額なものです。
本物の歯のように噛むことが出来るというのは、とてもいいことですが、治療費が高いというのは、患者さんにとっては悩ましい問題かもしれません。

意外と知られていない医療費控除

しかし、インプラント治療は保険適応外ですが、医療費控除されるということは意外と知られていません。
医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの1年間の間に、10万円以上の医療費をつかった場合に、所得控除を受けることができるという制度です。
治療費の一部が戻ってくる制度なので、インプラント治療を受けた際にはぜひ利用しましょう。

医療費控除は、自分で税務署に申請しなければいけません。
所得税の還付は、確定申告の際に行うと決められています。
自動的に戻ってくるという制度ではなく、利用するためには申請が必要なので、受診した際の領収書などはきちんと保管しておきましょう。
確定申告は、もよりの税務署に持参、または郵送する以外にも、電子申告でも行うことができます。

還付される金額は、1年間で支払った金額から保険金と10万円を差し引いた金額に、申告する人が支払っている所得税の税率を掛けた金額になります。
還付されるお金は、指定された口座に振り込まれます。
振り込みまでには数カ月が必要になります。

インプラント治療をすれば、治療費は10万円をこえるので、ぜひ利用しましょう。
インプラントの費用は高額になりますが、医療費控除を受けることで手元にお金が戻ってきます。
歯科医院に行く際の交通費なども含めることができるので、かかった交通費なども計算しておきましょう。

インプラント治療は歯科選びから始めよう

インプラント治療は、どこでも受けられるというものではありません。
日本にはたくさんの歯科医院がありますが、その中でもインプラントができる歯科医院というのは10~20%ほどと言われています。
虫歯や歯周病など、一般的な治療だけを扱っている歯科医院の方が多いということが分かります。

インプラントを受けようと思ったら、まずは歯科医院選びから始める必要があります。
歯科医院は近ければ近い方がいいと考える人もいますが、インプラントというのは、手術が必要になるだけでなく治療が終わるまでには長期間かかります。
そのため、近いというだけではなく、自分が納得したところで受けるようにしましょう。

歯科医師やスタッフのケアで選ぶ

インプラントを受けるまでには、レントゲンなどの検査が必要になります。
骨の状態に適した素材を選ぶなどの必要もあり、分からないことや知りたいことを教えてくれる歯科医師がいるところがいいでしょう。
質問する雰囲気でなかったり、お金のことばかり話してくる歯科医師は信用できるとは言えません。
スタッフの対応なども含めて、納得できるところで治療を受けるようにしましょう。

インプラントは治療法から選ぶ

インプラントは自由診療なので、治療法などもたくさんあります。
骨が薄い場合などは、チタン製のネジを埋め込むことができないので、骨を増やす治療をする必要があります。
事前の検査から、患者さんに合った方法を考え、計画を立てた上で手術に入る必要があります。
手術は、日帰りで行えるものですが、1~2時間ほどの時間がかかります。
麻酔をするので、痛みを感じることはありません。

治療計画や利便性で選ぶ

インプラントをするまでには、手術の心配や、どの程度の期間がかかるかといった疑問がわいてきます。
それらの質問に対してきちんと答えてくれて、どのように治すのかといった治療計画を立ててくれる歯科医師が安心できると言えるでしょう。
もちろん、何度も通う必要があるので、自宅から近いということは大切なことです。
けれども、近いというだけでは、自分に合った治療ができるかということは判断できません。
できれば、いくつかの歯科医院を比較し、自分に合ったインプラントができるところを選ぶようにしましょう。

ホームページをチェック

インプラントを行っている歯科医院を絞り込み、その中から選ぶという方法です。
インプラントを扱っているかということは、電話で直接問い合わせることもできますが、ホームページなどに記載されているのでチェックしてみましょう。
ホームページでは、治療の特色なども知ることができます。